悪徳洗脳セミナー「メディオス」の犯罪行為

この記事は2分で読めます

 

セミナー主催は「メディオス」「シフトプレイス」

■1. Posted by 匿名 2009年04月11日 18:06


十年以上も前、馬場さんのセミナーを受けました。その後、セミナー勧誘に関わりましたが、その時期は必死に頑張り、毎日睡眠が3時間程度でした。馬場さんのセミナー会社を大きくすることを含め、夢に向かい、一生懸命無給で活動しました。しかし無給だったので、馬場さんらから勧められるがまま、消費者金融からの借金をして、勧誘活動費や合宿セミナー代、生活費をまかなうしかありませんでした。それでも本気で馬場さんと仕事をしたくて、頑張っていました。しかし無給だったので、馬場さんらから勧められるがまま、消費者金融からの借金をして、勧誘活動費や合宿セミナー代、生活費をまかなうしかありませんでした。それでも本気で馬場さんと仕事をしたくて、頑張っていました。
■この3分後に本人がカミングアウト

しかし残念ながら、私は突然、馬場さんやスタッフから人格否定のようなネガティブフィードバックの嵐を受けるようになり、辞めさせられました。その後は、セミナーを離れてからも、消費者金融からの三桁を越える借金で、毎月の返済額が十万円を越える日々を何年も過ごしました。その間も、アルバイトの掛け持ちをしました。昼間だけでなく、夜のキャバクラに行かないと返せない状況になり、さすがに風俗を勧められたときはショックで(そこまではしませんでしたが)、身も心もボロボロになりかけました。ずっと、睡眠時間は4時間程度でした。セミナー勧誘時代の、消費者金融機関への借金返済が終わるまで、十年かかりました。二年前、やっと返済が終わり、人生をやり直そうと思った矢先、全身の関節が動かなくなりました。一ミリでも体を動かすと激痛で、ほぼ寝たきりになりました。寝ていても痛みで苦しみました。着替えも食事も出来ず、何もかも、家族から介護してもらいました。なんとか起きて、病院を巡り診てもらうと、難病の、こうげん病と診断されました。そして免疫病の権威者である医師から真っ先に「十年前の生活(ちょうどメディオス活動時代の数年)が今の病気の原因です。睡眠時間が少ない、無理しすぎ。」と言われました。私は馬場さんのセミナーに参加し、借金をしてでも勧誘に励みましたが、二十代全てが借金返済で時間が過ぎ去っただけでなく…やっと返済が完了し、人生再出発というときに、当時の無理がたたり、難病で仕事も出来なくなりました。最近、やっとメールが打てたり、三時間ほど起きていられるようになりました。そんな矢先、偶然馬場さんのブログを発見しました。余談ですが、当時のセミナー参加者の、勧誘活動まで頑張っていた人はほとんど、消費者金融で借金をして、返済に数年かかっています。また、馬場さんから言われた言葉がショックで、自殺を考え続けた人もいましたよ。さらに、キャバクラで働いて借金を返した人も何人もいました。…風俗に行かなければ借金返済出来なかった人もいるそうです。純粋な学生が、人生狂わされていました。私は、正直に言うと、活動時代に払ったお金を返して欲しいです。セミナー、合宿代だけだと、海外のものとスタッフコース含め、三百万円近くだけです。しかし、勧誘活動に使っていたアポ代は自腹です。毎日少なくても三人とアポをしましたし、その際食事をしました。三年近く、毎月十万円はかかっていました。その間、無給です。私は、当時、馬場さんの熱意に惹かれ、本気でコーチングの世界を広めようと、命をかけていました。しかし、当時は無理矢理追い出されたあげく、当時の頑張りが負担で、借金返済の十年を過ごし、それらの無理から体を壊し、難病となりました。今は仕事も出来ず、医療給付金も先月で終わり、明日の生活も不安な状態です。数百万を返して欲しい、人生を返して欲しいです。あんなひどい追い出されかたでなければ、こう思っていなかったでしょうね…。以上、馬場さんのセミナー卒業生の現実をお伝えしたく、書きました。長文失礼しました。読んで頂き、ありがとうございます。読んで頂き、何かしら感じて頂けたら幸いです。m(__)m

■5. Posted by 馬場真一 2009年04月12日 02:32
匿名さん。自分の知らないところで、いろんなことが起こっていたのですね。状況、よくわかりました。

以上の抜粋元は http://bit.ly/1hGLC5L

その「メディオス」や「他の団体」がやっていたこと。
http://www.geocities.jp/seminar_spirit/company02.htm

他、もっと詳細は「馬場真一 メディオス」「メディオス」で検索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事