借金40億円から大復活した実話

この記事は3分で読めます

著者は現在、鎌倉周辺で居酒屋を14店舗で年商13億・経常利益1,5億の二代目経営者52歳。キリンビールの優秀なサラリーマンだった36歳の時、父の急死で嫌だった家業を継ぐことに。当時は33店舗で年商22億・経常利益7500万円。と黒字だったが、借金は40億。それをこの16年間でほぼ完済した実録。座右の銘は「朝の来ない夜はない」「ネバーネバーネバー、ギブアップ」と根性論かと思いきや、具体的な戦略や戦術の見直し+最後は理念経営の導入で全社的な改革に成功している。という分析は誰でもできるが、それを実際に実行できるのは至難のワザ。実際、湯澤さんは思わず自殺未遂したり、下記ような修羅場をくぐっている。年商の2倍も借金があったら普通は万事休すだが、予想通り、オヤジは自社ビルや資産もあったので、その売却で13億円穴埋め。しかし、残り25億円は多角化の店舗閉鎖など減収増益の本業で返済している。16年間×毎年1億5千万円の返済で。最初は金融機関から「返済には80年でしょう」とか、リスケを申し入れたメガバンクのクソ副支店長から「ここで支店長に頭を下げなさい」とか、殺人犯してもおかしくない精神状態にも。普通に考えると返済は無理。というマイナス思考の毎日だったが、気合の入る「ゴッドファーザー」や「風と共に去りぬ」を100回見たとか、とりあえず5年は死ぬ気でやろうと「1823日めくりカレンダー」を手作りで毎日めくるとか、ありがちだが99%はやってないプラス思考の自己啓発行動も最高で、でもやっぱビジネスだから、客層を中高年男性に絞るとか、大手チェーンの少ない来ない立地に絞るとか、仕入れを市場で直セリで不揃い品を安くとか、戦略と戦術の改革もしっかり。最後は同友会の理念経営で社員とか周囲に感謝を態度で示す。夢戦感の行動が完璧ですね。本を出して講演しまくりが心配ですがw 一圓のさんのブログで「涙しました」と、自身の過去も少し暴露し、私も親の連帯保証で一緒に1億円かぶってプチ地獄を経験したことがあったので、読んでみようと初めてKindle版を購入。今は読むのにKindle不要で無料ソフトいろいろ。こうして紙の本は無くなるのだと実感。が、「居場所」としての本屋は残るか。しかし、こういう実録読むと思う。成功に占める戦略や戦術の割合はやはり半分もない。気合と根性と覚悟と決断と行動と人間力が8割だ。が、2割が間違ってると根性ややる気あっても結果出ない。両方大事ね。と、私は評論家に徹する。

◆本書は、ビジネスノンフィクションです。著者の湯澤氏は、人も羨むようなエリートサラリーマンだったにもかかわらず、父の急逝により、家業と莫大な借金を受け継ぐことになりました。その額、40億円。継いだ企業は「会社」と呼べないほどの崩壊状態、家にも督促の電話がかかってくる日々でした。やっと調子が上向いたと思えば、店の火事、ベテラン社員の死、食中毒事件と、驚くべき不運が続きます。しかし湯澤氏は、何度倒れても立ち上がるボクサーのようにKO寸前でよみがえり、ついには「80年かかる」といわれた返済を目前に控えるまでにこぎつけました。人生、いつ、何があるかわかりません。今どんなに“のっている”人も、今どれほど追い詰められている人も、湯澤さんの数奇な体験に胸が熱くなり、勇気をもらうことでしょう。机上の空論や飾り言葉ではない、真の「経営論」「人生論」がここにあります。

◆著者について
株式会社 湯佐和 代表取締役。1962年神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、キリンビール株式会社に入社。国内ビール営業を経て、人事部人材開発室ニューヨーク駐在、医薬事業本部海外事業担当などに従事。
1999年、創業者であった父の急逝により株式会社 湯佐和を引き継ぐ。40億円という莫大な負債を抱え倒産寸前の会社を16年かけて再生。現在は神奈川県下で、14店舗の飲食店を経営し、これまでの経験から、「あきらめなければ道は拓ける、朝の来ない夜はない」をテーマに講演活動等を行っている。経営学修士、認定レジリエンス・トレーニング講師。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■福岡10/5竹田陽一「最初で最後の会」 http://bit.ly/1KmpFdb
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■佐賀10/7・箱根10/8・関東近辺で10/9~11主催お願い!
■福岡10月あの田中真澄・特別企画⇒ http://bit.ly/1IUqmuE
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別相談 http://bit.ly/1fvVpLD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本のアマゾンレビュー http://amzn.to/19sX8i1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事