ブラックな正当アフィリエイトSEO一発で500万円稼いだ実話

この記事は3分で読めます

栢野です。

以下は発行部数10万部の著名メルマガ「1日1分英字新聞」の石田健さん。表向けは翻訳会社の経営者ですが、裏の顔はネットビジネスの猛者。多少、ブラックな側面もある。が、儲けるためには貪欲に。賛否両論あるでしょうが、私に欠けてる大事な部分。ただただ、感心するばかり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石田です。
常夏のグアムに家族11人で来ています。
シンガポール→東京→グアム(笑)

バケーションレンタルで6ベッドルームの
一軒家を借りています。

タモン湾に面して、目の前は海。。

ここに6泊して、年明け、東京に帰ったら
今度は伊豆下田の温泉です(爆)

ところで!!

今日はこれだけお伝えして終わり。

それは。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Google帝国を内部から崩壊させる試み

2014.12.27 #1109

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

です。

昨年9月、それまで20万円そこそこしか
稼げなかったアフィリエイターが、

突然、1日で500万円(確定報酬)、

前後をあわせると、1サイトで750万円を
稼ぎました。

しかもそのアフィリサイトの製作にかかった
時間、わずか1日。

つまりほぼ「ペラ」に近いサイト。

さらに、SEOの施策時間、

5分。

1日で作り、5分でSEOをかけ、
1日で500万、トータル750万を
稼いだサイトとその手法を公開しています。

このレポートは、
非常に「危険」です。

空から毒蛇の大群が降ってくる中を
駆け抜けるくらいに危険です。

Googleを敵にまわす、
神をも恐れぬ、超ブラック、
ドロドロの真っ黒な手法です。

いわばGoogleハック、というか
Googleの脆弱性を突いた手法とも言える。

善良なアフィリエイターは、
見ないほうが良いかもしれません。

これを見たら、平和な年末年始を
迎えられなくなるかもしれない。

この先は、自分でリスクを覚悟して
読んでくださいね(汗)

超ブラックな手法

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■編集後記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まあ、年末年始、今だからこそ
遊び呆けてますが、僕が年収(給与所得)
2000万くらいの頃はまだ全然必死に
作業してましたよ。

他のメンバーは昼から酒飲んでテレビの
白痴番組を見ているその隣の部屋で、
煙草を指にはさみ、湯飲み茶碗の日本酒を
時々口に含みながら、ガツガツ被リンクを
開発していましたから(^^

なので、稼ぎが少ない人は、
年末年始こそ仕事!!です!!

人が遊んでいる時にガッツリ
仕事して、稼ぎの土壌を作ってください。

売れてる時の小室哲哉がまさにそうでした。

年末年始、世間が休みの時こそ、スタジオに
閉じこもり、作曲してたそうです。

電話も訪問者もないので集中するには
最高の環境だったそうです。

ということでこのレポートが
起爆剤になるかもしれません。

あ、繰り返しますが
善良なアフィリエイターは読まないほうが
平和な正月を迎えられると思います。

Click at your own risk です。

 

超ブラックな手法

 

発行責任者:石田 健(いしだ けん)

◎石田レポート 年収1億!稼ぎの構造
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000138888/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上、号外広告でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

栢野克己(かやのかつみ)

年中無休!24時間受付!
メールはもちろん携帯も!

■成功事例 http://qvenshop.com
■著書一覧http://amzn.to/w0nCmx
■携帯:090-3604-6735 kayano55@gmail.com
■TEL:092-781-5252 FAX:092-781-5354
■フェイスブック https://www.facebook.com/kayano55
■YouTube動画http://bit.ly/15m8UL3
■公式HP  http://yumesenkan.jp/
■ブログ http://ameblo.jp/kayano55/
■〒810-0073福岡市中央区舞鶴1-2-33-304
■九州ベンチャー大学・(株)インタークロス
□福岡空港→博多駅→天神駅から徒歩5分
□ライオンズマンション天神・地図 http://bit.ly/SKATtG

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事