皇潤のエバーライフが大成功した理由。「白線流し」を超える「ふるり」

この記事は2分で読めます

で、以下は「白線流し」ではない。無名の映画。が、まさに掘り出し物。日本ではどこの映画館でも上映されなかったが、台湾では人気1位に。製作は2005年だが、2011年「お蔵出し映画祭」で受賞し、2012年にDVDも出ている。中身がいいからあとで評価されてるのだ。で、実はこの映画のスポンサー・製作総指揮は、「皇潤」エバーライフの創業者・井さん。転職繰り返し、脱サラも失敗ばかり。ところが起業して10年後に奇跡を起こし、2008年年商250億の時に会社を235億円で売却。億万長者どころではない夢のような人生。今も会社はマンション開発他10数社やってますが、半分はハワイでサーファーやってます。その井さんが、「夢を叶えた秘訣」を映画に。そのメッセージは、井さんが20代の頃に羽毛布団の悪徳マルチ商法にハマって失敗したが、その勧誘ビデオ映画には大感銘し、その後の人生で大いに活用した。その秘訣を一般の人にもわかりやすく伝えようと、実は最初、社員教育用ビデオを製作していたら・・・・映画になってしまったのです。だから、単なる乙女チックな映画ではないのです。

 

井さんの起業成功セミナーはコチラ

 

今日だけの限定公開。

今見れない人は、上のYouTubeリンクをこの動画ダウンロードサイトで「off」クリック保存下さい。

 

◆「泣きました」

投稿者 mgh-htje 投稿日 2014/5/19 アマゾンレビュー
偶然観る機会があり観たのですが、ぐんぐんと惹きこまれて行き、まさかこんなに胸に残る映画だとは思わなかったです。日常の騒がしさが無い、静かな風景の中にじんわりと心の中が甘酸っぱい思いで満たされる、そんな素晴らしい内容でした。本当に偶然に観られたことに感謝したいほど良かったです。是非ともテレビでの放送を希望します。

 

【内容紹介】
“苦しい時、辛い時、悲しい時に観て下さい。遠い記憶にある、本当のあなたが見つかります・・・”社会にもまれ、失われた幼き日の思い出を辿る大人のファンタジー。誰しも、心を打たれ、懐かしき思い出を振り返る事の大切さに気付かせてくれる。そして、明日への一歩を「あの日の少年」に教えられる事になるだろう。

 

【見どころ】
『プチョン・ファンタスティック映画祭』では、堂々“観客動員1位”を記録した期待作。また、『昨年のお蔵出し映画祭2011』では見事“観客賞”を受賞し、待望のDVD化。更に特典映像には、『台北映画祭最優秀女優賞』を受賞したチャン・チュンニンやルー・イーチンが出演している「とべないとり」が収録されている。

 

【ストーリー】
28歳の派遣OL・千奈津(小山田サユリ)は、子供の頃からの「夢」に破れて、毎日を流されて生きていた。そんなある日、「なぞなぞに答えたら、千奈津の夢を叶えてあげるよ」と、千奈津の前に現れた不思議な少年(本郷奏多)が、退屈な日々を変えていってしまう…。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■山形・秋田・青森・東京・名古屋・京都・大阪
■セミナー交流会の予定 http://goo.gl/6IWIFw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本のアマゾンレビュー http://amzn.to/19sX8i1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別相談 http://bit.ly/1fvVpLD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事