快挙!世界の竹田陽一へ。ランチェスター「最後の晩餐」in福岡

この記事は3分で読めます

※現在数十名申し込み。約100人ほど参加予定です。

ランチェ英文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現役バリバリ77歳の快挙!最後の晩餐!?どうも!栢野です。まあ、外部の人には英文で出版とかどうでもいいことですが、孫正義や澤田秀雄も応用した「ランチェスター法則」はイギリス⇒アメリカ経由で昭和30年代に日本に。歴代のコンサルによって法則が経営戦略に進化し、関連本は累計300万部に。今まで韓国や台湾で翻訳出版されましたが、世界に通用する英語版は日本初の快挙。とかどうでもよく、生ける伝説77歳の勇姿と講話+元気な社長との懇親会で、有意義な人脈を構築下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【竹田陽一・英文ランチェスター・出版祝賀会】
『THE LANCHESTER STRATEGY FOR MANAGEMENT』

本の内容 http://amzn.to/1LlauD4

「中小企業のドラッカー」ランチェスター経営の竹田陽一が、フォレスト出版から『THE LANCHESTER STRATEGY FOR MANAGEMENT』と題する英文のランチェスター戦略の本を出版しました。

竹田陽一氏にとって英語版の出版は30年来の念願であり、日本で多くの中小企業で成果が出ているランチェスター戦略=竹田ビジネスモデルが外国で紹介されることは画期的なこと。

このようなことから記念講演+竹田陽一氏を囲み「英文・ランチェスター戦略の本『THE LANCHESTER STRATEGY FOR MANAGEMENT』の出版を祝う会」を開催することと致しました。

記念講演1時間+皆で懇親会2時間。すでに数十名申込み。推定で約100名が参加予定。大いに人脈交流下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ランチェスター経営・竹田陽一プロフィール
1938年久留米出身。福岡大学卒後、建材メーカーや東京商工リサーチを経て44歳で独立。著書は「一枚のハガキで売上を伸ばす法」「小さな会社☆社長のルール」他60万部。講演回数4000回以上。日本で唯一、経営戦略のフルライン教材を約200巻制作。全国約200ヶ所の特約店でDVD勉強会が行われている。HPは http://bit.ly/1OBQWLz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〈発起人〉
・福岡リーダーズ倶楽部 塾頭 綾戸一由
・ジャパンシーフーズ 社長 井上幸一
・再生クラブ 代表 稲田正信
・ホワイトベース 社長 小串広己
・柿迫宏則税理士事務所 所長 柿迫宏則
・インタークロス 栢野克己
・シオン経営コンサルティング 代表 新屋敷 辰美
・ランチェスター経営広島  代表 錫木健一
・ワイコム・パブリッシングシステムズ 社長 田上 恭
・アキラ 社長 竹中あきら
・タケナカコーポレーション 社長 竹中 勇
・日本人事株式会社 社長 當山達男
・羽山プロジェクトオフィス 社長 羽山直臣
・ランチェスター経営宮崎 代表 平山雅史
・リード・クリエーション 社長 福泉 礼二
・福一不動産 社長 古川 隆
・マタケ造景株式会社 社長 真武弘延
・山内経営コンサルティング事務所 代表 山内 修
・他(順不同)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[と き]
10月 5日 (月)
・午後4時 受付開始
・午後5時~午後6時 竹田陽一 記念講演
・午後6時~午後8時 参加者同士の交流懇親会

[会 場]
ホテルニューオータニ博多「芙蓉の間」
福岡市中央区渡辺通1丁目1-2 TEL(092)714‐1111
http://www.kys-newotani.co.jp/hakata/info/access/

[会 費]
1万円 ※会場で支払いもOKです。

[お振込先]
竹田陽一先生英文ランチェスター戦略本の出版を祝う会
郵便振替01770-9-144046

■ 参加お申込は
こちら(http://www.hayama-pro.com/assets/20151005.pdf
のお申込用紙を印刷いただき
・FAX:092-408-3984 へお送り頂くか、
・メールフォーム
http://hayama-pro.businesscatalyst.com/contact.html
より「同伴者の人数」をご明記の上お送り下さい。

■お問合せは栢野、または以下
「竹田陽一英文ランチェスター本の出版を祝う会」
事務局・羽山プロジェクトオフィス
TEL:092-408-3964  FAX:092-408-3984

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事