天職への道「福岡で勉強会」

この記事は4分で読めます

福岡◆創業起業勉強会
フェイスブックのイベントサイトはコチラ

 

ふと、思いつきでミニ勉強会を企画実施。自分の事務所でやるので、思い切って朝・昼・晩の3コースを毎日。1/28にフェイスブックとメルマガとコクチーズで告知。予想通り、バラバラと申込み。これでいい。今のところ1/29、2/1、2/2、2/6に一人づつ。今回は大人数ではなく、少人数、個別がいいのだ。1/29は夜にお一人来社いただく。30代前半の起業家。以前に別な会で会っていた。さらにその前、何年も前から、成功哲学ナポレオン・ヒルの月刊誌にある私の連載を読んでいた。有り難い。さらに、その月刊誌に載せた事例が友人だった。その友人は3度、私の事務所に個別相談で来ていた。まあ、いろんな意味で縁がある方だ。

 

今日は冒頭、簡単に雑談し、大阪のほか弁でナンバーワンになった岩田さんの講演DVDを30分ほど視聴。意見感想や、ご自分の悩みや課題を話していただいた。現在の事業は家業がらみ。親のやってる本業の下請け。を個人で請け負っている。正直、やる気が無い。未来がない。希望が持てない。自分がやりたいことではないと。それで数年前から様々な本や教材やセミナーへ参加。何十億とか100億とか、海外展開とかグローバルにやりたいと。フェイスブックのザッカーバーグみたいに。夢は壮大だ。妄想状態(笑)。何かビジネスのネタはないかと。現在は個人自営業をやってるが、なにか、これだ!という新規事業をしたい。という感じか。

 

まだまだ迷っている。模索している。妄想してる。夢見てる。いろいろいろいろ本を読み、情報を仕入れ、インプットで頭がパンパンか。そんな風に見える。が、そんなもんだ。そうは簡単に見つからない。「これだ!」という天職は。

 

天職。好きなことで食えること。世の中の大半は、好きでもないが、生きていくために、食うためにやっている労働だ。好きなことを仕事にしたい。これは誰もがそう思う。好きなこと=趣味に近い。そう。たとえば私は、海外の、インドやバングラデシュやミャンマーとか、ハングリーな発展途上国が大好きなので、そんな国を旅しながら、現地でそれなりの体験や出逢いを繰り返し、見たまま感じたままの感動をブログやフェイスブックやYouTubeにして、好きなことをやって、その体験と感動をそのまま文字や動画で伝え、結果、食えれば最高だ。

 

そう。これは大学生時代も思った。20才前後に読んでた朝日ジャーナル。そこに戸井十月さんという作家が連載してた。本業はルポライター。色んなトコに行っていろんな人に会い、雑誌に連載や本も出版してた。趣味がオートバイと少林寺拳法と、当時の俺と同じ。さらに男らしいハンサムで、単純に憧れた。戸井さんは当初暴走族のルポとか書いてたが、次第に世界へ目が向いて、ゲバラの本とかも書き、40代になってからオートバイで世界5大陸を走破。その見たまま感じたままの本を書き、その様子はテレビ番組にもなった。それは最初からの目論見だ。だから、テレビの映像はYouTubeかなんかでちらと見たが、孤独にアフリカ大陸を走る・・・その姿を仲間のクルーが撮っている・・・孤独じゃないじゃん!リスクもないじゃん!というのは横に置き、憧れた。学生時代に。そういう戸井さんの人生に。だから、下宿の本棚に「ルポライター」とマジックで書いた。

 

 

が、私はその後、普通に大企業へ就職する人生を選び、内定もらった中で一番かっこいいヤマハ発動機に就職。バイクとヨットの世界企業。年収とか知らなかったが、今でも一兆円以上だから、当時でも3000億はあったか。これでエリートサラリーマンだと思ったが、営業の仕事できずにノイローゼで9ヶ月で退社。その後もリクルート子会社、IBM子会社を転々として、中小企業を経て起業。人材紹介業は半年も持たず、零細出版社で文字起こしのバイトに転落。が、ここで念願?のルポライターみたいな真似事をすることに。

 

そのビジネス社という出版社は当時の船井総研が買収した会社で、月刊フナイという月刊誌を出していた。その中の取材でカルビーとか無名の中小企業も取材して、それを素人レベルで記事にした。バイトだし、社員になる希望や可能性もありませんでした。その頃、大活躍してたのが椎名誠。本の雑誌編集長経営者でありながら、フリーの作家として大ブレイク。ビールのCMやマスコミにもコメンテーターとかでよく出てて、憧れましたね。事務所も近かったし。

 

他には沢木耕太郎にも憧れた。沢木さんの代表作は自ら26才の時に世界放浪したルポというか私小説的な「深夜特急」。は、当時、本になっていたが、読んでなかった。そういう旅行記には関心なかった。が、「敗れざる者」とかの人物ルポの本は何冊か読み、その繊細な文章には引きこまれた。

 

 

で、椎名誠は元が百貨店業界の雑誌編集もやってたので、当時、流通系の月刊誌づくりに文字起こしとミニ取材記事執筆で関わってた私も夢見た。流通系ということで少し似ている。オレも椎名さんみたいになれないかと、当時出たばかりの自伝小説「銀座のカラス」を読んだが、とても敵わない。椎名さんは20代からサラリーマンとしても実力者。自分が作家なんてあり得ない。沢木耕太郎も大スター。そんなのと比べるなてアホだ。

 

 

その後、実家の連帯保証1億円事件もあり、私は福岡へ泣く泣くUターン。7社目のサラリーマンでアド通信社という地場の中小広告代理店で営業マンに。その後、8社目として広告代理店を妻と起業。この延長で「小さな会社☆儲けのルール」他の本を出したんですが、これは竹田陽一との共著で、本来はゴーストライターの立場。いかにも元文字起こし+広告代理業らしい立場。で、本を出しました。これがまさかの10万部。12年で。さらに、中小企業の原理原則ランチェスター戦略をわかりやすく書き、さらに事例を実名で数十社あげたのが良かったようで、全国の商工会議所や青年会議所など、中小企業の団体や集まりから講師で呼ばれるようになり、広告代理業から講演家・作家に転業。そうです。私は中小企業・独立起業者のルポライターになっていたんです。

 

サラリーマン時代から失敗転職を繰り返し、起業も2度めでしたが、なんかしっくり来ない。隣の芝生は青いと、青い鳥を探そうと、福岡のサラリーマン時代から起業家を呼んで、その独立起業成功談を聞くセミナー勉強会「九州ベンチャー大学」を開始。様々な成功者の話を聴きながら、実は自分の天職を探してたんです。あれもいい、これもいい、でも自分には無理だ。できない。でも、毎回、講師の話は素晴らしい。感動する。だから毎月ずっと開催でした。でも、勉強会の主催では儲からない。でも辞めたくない。趣味。本のゴーストライターの話があったのはそんな勉強会はじめて10年目。その頃には事例もたまってた。

 

そう。私は自分の天職を見つけることができない。でも見つけたい。じゃあ他人はどうやって天職を見つけたのか?その事例勉強会をずっとやってきた。それを本にして講演してみたら、作家として講演家としてヒットした。最低限、食えるようになった。好きなこと✕できること✕お金になる=天職に巡り逢えた。44歳になっていた。信じられなかったですね。そんな夢のような天職と至高体験が10年以上続き、まさにゾーンに入った状態が、ハイな感じが続き、調子に乗って世界一周にも行きました。家族4人で。当時、子供は小3と小5で。仕事も辞めて。貯金も全部使いました。

 

 

が、帰国後もまさかの仕事は復帰でき、今もお金はないですが、生きている事自体に大いに感謝です。が、マイナス面も多々あり・・・が、子供のOO、私のOO・・・まあ、全然大したことはないです。試練でもない。ジェットコースターのような人生の中で、七転び八起きの中です。今も信じられない人生だと自己満足してます。ありがとうございます。

 

福岡◆創業起業勉強会
フェイスブックのイベントサイトはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事