長野県が長寿の理由=高齢でも働くこと。マズロー欲求段階と健康寿命

この記事は3分で読めます

長野長寿1長野長寿記事

 

※工事中

 

長野県は、厚生労働省の調査によると、平均寿命が男性は80.88歳、女性は87.18歳で、男女ともに全国1位となっている(2010年調査)。同県の男性では、1990年からずっと平均寿命の全国1位を重ねている。

 

なぜ長野は長寿県になれたのか?

 

県は医師や大学教授ら7人をメンバーに研究チーム(座長:佐々木隆一郎・飯田保健福祉事務所長)を立ち上げ、このほど中間報告を発表した。そこから、信州人の健康長寿の要因がみえてきた。背景にあるのは、「健康に対する関心が高い」ことや、「就業意欲が高くボランティア活動にも積極的で、暮らしに生きがいをもっている」ことだ。

生きがいをもって生活 研究チームが中間報告

研究チームがまとめた長野県の健康長寿の要因は次の通り――

 

・ 「高齢者の就業率が全国トップで、ボランティア活動にも積極的。生きがいをもって生活している」。
・ 「男女とも野菜摂取量が全国1位。郷土料理・伝統料理を活用している」。
・ 「保健師、食生活改善推進員、保健補導員ら健康ボランティアの活動が盛ん」。
・ 「医師、歯科医師、薬剤師、保健師、管理栄養士などの専門職による地域保健医療活動が活発」。

 

分析した81の指標のうち、就業率の高さや肥満者の割合、野菜の摂取量など31の指標で上位になった都道府県が、平均寿命や健康寿命(介護が必要なく自立して生活できる期間)も上位になる傾向があることが判明した。長野県では、男性の高齢者の就業率が高い。就業率は男性が74.2%で5位、女性が53.0%で4位だが、65歳以上に限ると、男性が41.5%で1位(いずれも2007年)だった。研究チームは就業率の高さが、長寿につながっていると推測している。

 

以上の抜粋もとは  http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2014/003584.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

長寿と就業率は比例する。よく、定年引退したらボケるのが早いと聞きますね。スグ死ぬともw そういう統計は?ですが、上のデータはその一つですね。長寿の人は働いている。1位の長野は65才以上で40%働いている=健康寿命が79,5才。が、23%しか働かない沖縄の健康寿命は77,6才。一番下で短命の青森は、働くのが3割で健康寿命は75,7才。差の最大は4年弱。これを大きいと見ると誤差の範囲と考えるかですが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここで強引に解説を付け足すと、長寿=働く=集団への所属とそこでの承認。これが生きがいやりがいとなり、長寿につながるか。わからんですけどね。でも、無職=家にいる=独り、もしくは妻か夫と2人。刺激がない。他人の目がない。ダラダラ。緊張ない。自堕落な心身。やっぱ早く死ぬか。わからんですが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さっき、相馬さんのメルマガで知りました。やる気が出る=脳の中の側坐核という部分からドーパミンが出る。=側坐核を刺激する必要がある=とくにかく動くこと。=「作業興奮」とあの有名なクレペリンが発見して名づけたそう。寝ているより起きる。体を動かす。掃除する。机に座る。声に出して読む。書く。じっとするのではなく動く。なるほどねえ。ガッテンですね。マズローもクレペリンもスゴい。その手の研究者の存在意義。普通の人が日々なにげなくやってることの中に、一定の法則を見つけ、理論で解説する。右脳的にも左脳的にも腑に落ちる。と、やる気が出ますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

営業マンだと、机にすわるより外にでる。ネットよりも人に会う。メールよりも電話や面会で話す。CDよりライブ講演。ということか。納得ですね。ダメな時はだいたい行動してない。動く。1日の始まりは朝。朝、ダラダラしてるより、スパッと起きて運動して仕事にかかる。趣味でもなんでもいい。動くことですね。それをいかに習慣にするか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自己管理できる人は独学でいいが、9割占める依存型の場合、他の力を借りることですね。何かに所属し、その組織の強制力を使う。自宅学習より塾に通う。ジョギングより大濠公園みなと一緒に走る。スポーツクラブに通う。勉強会やセミナーへ参加する。人は何かに所属し、そこで認められたい。サルも同じ。本能ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ローンウルフ・一匹狼にも憧れますが、私も海外一人旅を何回もしましたが、やはり3日で飽きますね。寂しい。人恋しい。素晴らしい景色や世界遺産を見ても、「うわー!!スゴいねえ!」と、感動を分かち合える人がいないと寂しい。つまらない。家族・学校・会社・仕事仲間の友人知人は大事。それを求めるのは人間の本能であり、それが生きがいある人生だ。最低限の衣食住+所属と承認欲求。+自己実現があれば最高だ。いや、その上の利他。誰かのために役立つことをする。貢献、手助け、ボランティア。これは全部、人間関係ですね。大金持ちでも、無人島に1人では意味が無い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間の本能=人生=生存+安全安心+所属+承認+自己実現+利他。これを全部満たしてくれるのは、学生なら学校に通って勉強すること、クラブ活動趣味活動友人との交遊切磋琢磨。社会人なら仕事。=会社に所属し、社内外の人と接し、認め認められ、互いに支えあい、ありがとうと言われること。学校や仕事以外で、打ち込めるボランティア活動や趣味があればいい。ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■最新情報はメルマガで  http://bit.ly/x0iCND
■成功事例【新作追加】  http://bit.ly/xEBlIn
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■山形・秋田・青森・東京・名古屋・京都・大阪
■セミナー交流会の予定 http://goo.gl/6IWIFw
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本のアマゾンレビュー http://amzn.to/19sX8i1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■個別相談 http://bit.ly/1fvVpLD
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事