幸福の科学にランチェスター経営・竹田陽一が登場!

この記事は1分で読めます

「幸福の科学」の大学申請が却下されたが、一部で云われてる創価学会の創価大学とどう違うのかと。まあ、たまに信者が経営してると思われる飲食店なんかにある聖教新聞を何回か見たことあるが、それはそれは歯の浮くような池田大作への敬語と賛歌のオンパレード。北朝鮮の放送と同じ。と書きながら、皇族の報道で子供なのに「OO様」と敬語オンパレードの違和感放送と同じだなと気づいたw まあ、どうでもいいよ。信仰の自由+好き好きだから。何を信じるのかとか。究極はみな、自己満足の世界で生きてるもんね。いいんだよ。

10296605_10203161862558885_2373522456603523756_n

で、これは2014年の6月、興味本位で栃木県の幸福の科学本山を見学した時。だれでも自由に見学できる。館内で展示されてた本を開いた時、まさか!ホントか!?目を疑うとはこのことだ!

603690_10203161862798891_6553277074521403998_n

まあ、大川さんはイタコ芸が得意で、松下幸之助やドラッカーやキリスト・・毎日、様々な人の霊が降りてくるらしい。それをそのまま「龍馬の提言」なんて本を何百冊も出している。竹田陽一師匠、メジャーデビュー?おめでとうございます!しかし、最初は悪意を持って疑っていたが、最近はこりゃ、吉本興業と同類だと思う。大したものだw

 

以下には「降りてきた」木村拓哉やチャーチル元首相が登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著書

おすすめカテゴリー記事